チャリティニュース
2024年06月13日(木)
 チャリティニュース

医師がHIV陽性女性に不妊治療を迫る【ケニア】

チャリティ 新着30件






























医師がHIV陽性女性に不妊治療を迫る【ケニア】

このエントリーをはてなブックマークに追加




「子どもを産む必要はない」と医師
ニュースサイトIRINでショッキングな記事を見つけた。今年発表されたAfrican Gender and Media Initiativeのリポートで、HIVポジティブの女性に医師が不妊手術を強要するケースがあることがあきらかになったというのだ。

ナイロビに暮らす30歳のHIVポジティブの女性は一児のシングルマザー。 5年前に出産したあと医師の強いすすめで不妊手術を受けた。

妊婦健診に行ったナイロビのクリニックで、医者は、この先も子どもをほしいかと女性にたずねた。女性が「ほしい」と答えると、「その必要はない」と医師は言ったという。生まれてくる子どもがHIVに感染しているかもしれないし、母親である女性がエイズを発症してなくなれば、子どもは孤児になるからと女性を説得した。

HIV
母子感染は防げる
母子から子へのHIV感染は、子宮内感染、出産時の感染、母乳による感染のケースの三つがある。しかし、現在は投薬や帝王切開による出産、粉ミルクの使用などによって、高い確率で感染を防げるようになっているという。

だが、女性が産んだ子どもはHIVに感染していた。「医師たちが子どもをHIVから守るために努力したとは感じられませんでした。彼らにとっては、子どもがHIVに感染していたほうがよかったのでしょう。そのほうが自分たちが言っていたこと正しく聞こえますから」と女性は語る。 

ほかにも「もし不妊手術を拒否すれば、もうHIV治療を受けさせない」と医師に脅されたという証言も寄せられている。同様のことは、マラウイ、ナミビア、南アフリカ、ザンビアなどほかのアフリカ諸国でも起きているという。

ケニアの家族計画ガイドラインでは不妊手術は同意のもとに行われるものだと定めており、倫理に反する行為だ。ケニアの国内の医師会では、事実関係の確認を急いでいる。


外部リンク

IRIN
http://www.irinnews.org/Report/96932/

African Gender and Media Initiative
http://gem.or.ke/

Amazon.co.jp : HIV に関連する商品



  • 「くまモン」と「アントニオ猪木」による、夢のチャリティ・コラボ企画決定!(6月10日)
  • 松任谷由実、チャリティシングル「acacia[アカシア] / 春よ、来い(Nina Kraviz Remix)」発売(6月3日)
  • アイテムの売上の一部が「The Ocean Cleanup」に寄付される期間限定イベント、「自然の日々」、2024年5月27日(月)より開始(5月31日)
  • 障害者就労支援事業所をアパレル企業が企画・製造で応援。障害のある方が描いたアート作品の「Tシャツフェア」を開催。(5月31日)
  • ひとり親家庭への支援を目的とした、チャリティーオークションが、モバオクで開催(5月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ