チャリティニュース
2018年01月20日(土)
 チャリティニュース

「PRAYER 3.11 祈りの花」 シルバーアクセサリーにこめた想い

チャリティ 新着30件






























「PRAYER 3.11 祈りの花」 シルバーアクセサリーにこめた想い

このエントリーをはてなブックマークに追加




膨大な義援金、だがそれだけでは「足りない」
東日本大震災には、日本だけでなく、世界の人々が心を痛め、復興を願っている。そして、義援金もかつてない規模で寄せられている。4月27日の時点で、日本赤十字社に寄せられた義援金は1500億円を越える。

しかし、震災後1週間、それまで震災報道一色だったテレビ番組が、次第に通常の放送に戻ってゆく。その様子をみて、「怖い」と感じる人がいた。

東日本大震災
PRAYER 3.11 祈りの花
名古屋でシルバーアクセサリーを制作するアトリエ「シルバー・ライニング」を営む白木治文氏。白木氏は、テレビ報道の変化に、この恐ろしい大震災をやがて「大半の人が忘れていくのではないか」、被災地の人たちを助けたいという「人として自然な気持ち、
大切な意識が時間と共に薄れていってしまう」のではないか、と思ったという。

そして、「お金だけでは足りない」、なにか形に残るもの、それが目についた時だけでも震災を思い起こし、長く心に留めておくことができる「もの」を作ろうと思い立った。

そうして出来上がったのが、チャリティーアイテム「PRAYER 3.11 祈りの花」。

シルバー・ライニング」のサイトで1本1000円で販売、制作費を除いた収益のすべてを寄付する。3月21日の制作開始以来、4月29日までに162本を販売した。「PRAYER 3.11 祈りの花」は地元中日新聞(4月5日版)でも紹介された。

外部リンク

シルバー・ライニング「PRAYER 3.11 祈りの花」

日本赤十字社義援金受付状況


Amazon.co.jp : 東日本大震災 に関連する商品



  • 働く女性向けチャリティイベント「the GIFT」開催(1月19日)
  • 日本KFC、「開運チャリティーおみくじ」を発売(12月27日)
  • チャリティー年賀状で集まった支援金を寄附(4月4日)
  • ゴルフコンペで寄付活動!(4月3日)
  • 途上国の女性生産者を子宮頸がんから守るキャンペーンを実施!(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ