チャリティニュース
2021年04月11日(日)
 チャリティニュース

日本初!NFT(Non-Fungible Token)による チャリティープロジェクト開始

チャリティ 新着30件






























日本初!NFT(Non-Fungible Token)による チャリティープロジェクト開始

このエントリーをはてなブックマークに追加




SDGs×Blockchainで社会を変える想いを繋ぐプラットフォーム「Kizuna HUB」を運営する「株式会社グラコネ」と、ブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するENJIN Pte. Ltd.は、著名人の作品オークションによる販売で資金を得ている。

その資金を、生活に苦しむ若年層への食糧支援事業に寄付をする、日本初となるNFTによるチャリティープロジェクトを開始することを発表した。目標金額200万円で、実施は2月の予定。

チャリティNS

著名人の作品オークションによる資金で 生活に苦しむ若年層の食糧支援  Kizuna×ENJINチャリティーNFTプロジェクト
NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、ブロックチェーン上で流通させる代替のできない固有の価値を持つデジタルトークン。暗号資産(仮想通貨)の認知と利用が拡がるなかで、その基盤を担っているブロックチェーンプラットフォームを利用する試みが様々なシーンで展開されている。

その一つが、ブロックチェーンネットワーク上のトークンを、それ自体は貨幣価値を持たないNFTとして流通させ販売し、所有権を販売するNFTチャリティーだ。

著名アーティストや海外セレブリティなどが、自身の絵画などのクリエイションをNFTと関連付けて販売し、その売上金をコロナ禍で増加している社会問題の解決に当てるチャリティー活動が米国などで増え、世界中の善意を効率的に集めることができる寄付活動としても注目を集めている。

そこで、グラコネは、Enjinのブロックチェーン資産発行プラットフォームによるチャリティープロジェクトを企画し、コロナ禍で生活にこまる10代をサポートする「認定NPO法人D×P(ディーピー)」に対する寄付活動として、日本初となるNFTチャリティープロジェクトを開始することにしたもの。

■Kizuna×ENJIN チャリティーNFTプロジェクトの流れ

チャリティNS

Amazon.co.jp : チャリティNS に関連する商品



  • 京成電鉄、病気の子ども達とその家族に贈るプレゼント「スプリングチャリティライナー」を開催(4月11日)
  • サッカーイベント「2021年頑張ろういわてスペシャルマッチ ~いわてを元気に!子どもたちに笑顔を!~」開催資金および 毎年行う震災復興支援活動費用のためクラウドファンディングを開始(4月8日)
  • YOSHIKI さん、音楽チャリティ団体「MusiCares」へ約1,000万円を寄付 (4月5日)
  • AOKI、全国の障がい者スポーツ関係者にマスク45,000枚寄贈!(3月31日)
  • チャリティー年賀状の取り組みから、支援金1,132,880円を 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンへ寄附(3月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ