チャリティニュース
2018年11月20日(火)
 チャリティニュース

【インド】動物のように売られていく子供たち!人身売買が横行する闇の世界

チャリティ 新着30件






























【インド】動物のように売られていく子供たち!人身売買が横行する闇の世界

このエントリーをはてなブックマークに追加




インドで頻発する子供の誘拐
海外紙「リベラシオン」電子版では、インドで横行する子供の人身売買に立ち向かうべく活動しているNGO「バチバン・バッチャオ・アンドーラン」にフォーカスしている。

バチバン・バッチャオ・アンドーラン(ヒンディー語で子供時代を救済するための活動の意)はインドのニューデリーを拠点に児童労働による搾取から子供達を守るために活動している団体だ。

団体の代表者であり子供の権利のスペシャリストであるKailashさんは近年増加の一途をたどる子供の行方不明事件に言及している。

2012年1月からニューデリー内で行方不明になった子供は3000名で、その3分の1は未だに見つかっていないという。
人身売買
奴隷、売春、臓器売買
インドでは現在暴力団組織による子供の誘拐が横行しており、誘拐された子供は農場や工場に奴隷として売られるのだという。また売春、国外への臓器売買のための誘拐も後を絶たないという。

特に臓器売買は高額で取引されており、そこで生じたブラックマネーの一部は警察当局への賄賂として使われているといい、バチバン・バッチャオ・アンドーランは国家全体のモラルの欠如を指摘している。

子供の人身売買の根絶のためにはまず警察官の意識改革と育成が必須で、失踪した子供の捜索にあたる特別な部署の創設も必要だという。まずそれらの分野に予算を割き、国家を挙げて問題の解決に挑まなくてはならない状況だという。

外部リンク

リベラシオン
http://www.liberation.fr/

バチバン・バッチャオ・アンドーラン
http://www.bba.org.in/

Amazon.co.jp : 人身売買 に関連する商品



  • イラク・チャリティ・コンサート「アラブの夢」開催(11月14日)
  • 配信視聴者を対象にしたNANJCOINによる投げ銭チャリティーマッチ開催(11月7日)
  • みなとみらいで「東日本大震災・復興支援まつり2018 inみなとみらい」を11月に開催(10月30日)
  • 被災地とランナーをつなぐ クリスマスチャリティランが東京・大阪で開催決定(10月24日)
  • 第一ホテル東京が12月22日より、クリスマスチャリティーを実施(10月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ