チャリティニュース
2017年07月25日(火)
 チャリティニュース

乙武洋匡「24時間TVチャリティーパーソナリティー辞退した」twitterで思い語る

チャリティ 新着30件






























乙武洋匡「24時間TVチャリティーパーソナリティー辞退した」twitterで思い語る

このエントリーをはてなブックマークに追加




乙武洋匡氏が語る24時間テレビへの思い
スポーツライターで「五体不満足」の著者である乙武洋匡氏が27日、自身のtwitterにて、日本テレビチャリティー番組「24時間テレビ35 愛は地球を救う」への自身の思いを語っている。

かつて、24時間テレビのパーソナリティーとしてのオファーを断ったことがあることをブログで明かした乙武氏。

「ビジネス」として考えれば、それはオイシイ話だったのかもしれない。だが、僕は断ってしまった。あの番組による障害者に対する扱いが、一面的であるように感じたからだ。


との見解を述べた。乙武氏は24日に自身のtwitterにて

24時間テレビを放送するのと、パラリンピックを24時間放送するのと、どっちが障害者理解が進むのかな・・・


と発言。多くのリツイートが寄せられたが、本人は「どちらも一方では進まない」という考えを表している。

乙武洋匡
考えさせられる発言にtwitterでも多くのファンがRT
これまで、24時間テレビが嫌いなのではという憶測が囁かれてきた乙武氏だが、同日のtwitterでは「そうではない」ことを明かした。

「嫌い」という感情とも違う。ただ、障害者に対する扱いがあまりに一面的だとは思う。だから、何とか異なる手法でもプレゼンできないかと、十代の頃からずっと考えてきた。それが、『五体不満足』出版にもつながった。いわば、24時間テレビは、僕の原動力でもあった。


五体不満足の大ヒットで、「あなたのような障害者ばかりではない」という、批判を受けたこともあるという乙武氏。

とかく、人はレッテルを張りたがるものだ。日本人はこういう人、女性とはこういう性格、障害者とはこういう存在――それが無意味なことは、わかっているくせに。障害者だって、同情されたくない人もいれば、同情されたい人もいる。泣きたい人もいれば、泣きたくない人もいる。本当に、いろいろな人がいる。

24時間テレビを見た方には、ぜひパラリンピックも観てほしい。NHKの『バリバラ』という番組も観てほしい。そうして、いろいろと知ってほしい。感じてほしい。考えてほしい。もちろん、そこでの感じ方、受け取り方は、各自の自由だ。


と締めくくっている。twitter上では乙武氏の見解に多くのユーザーが感銘を受け、拡散が広がっている。

外部リンク

乙武洋匡 オフィシャルサイト
http://ototake.com/

乙武洋匡 twitter
https://twitter.com/h_ototake


Amazon.co.jp : 乙武洋匡 に関連する商品



  • チャリティー年賀状で集まった支援金を寄附(4月4日)
  • ゴルフコンペで寄付活動!(4月3日)
  • 途上国の女性生産者を子宮頸がんから守るキャンペーンを実施!(9月18日)
  • ハードロックカフェが乳がん撲滅のイベントを開催(9月10日)
  • 桜の植樹で東北の地を復興しよう(9月10日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->