チャリティニュース
2022年09月27日(火)

チャリティニュース

チャリティ 新着30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社BRALABO

株式会社BRALABOが乳がんで乳房を失ったときの新たな選択肢「手術はしない乳房再建」を普及するためのプロジェクトをクラウドファンディング「ENjiNE」で開始
2017年7月26日 株式会社BRALABO
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク ニフティクリップ newsing Googleブックマーク  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

株式会社BRALABOは7月26日より、乳がんで乳房を失った女性のために、これまでにない新しい価値観の「手術はしない乳房再建」のサービスについて、より広く周知するためのプロジェクトをクラウドファンディング「ENjiNE」で開始しました。本サービスは、フィッティングにこだわり独自に開発したオーダーメイドブラジャーと、型取りや模型調整をしながら個々のかたちに仕立てるシリコン乳房(パッド)をセットで着用することで、「身体的リスクがなく」「美しい左右対称で」「生活がしやすい」を実現する新しい乳房再建のアプローチです。クラウドファンディングではBRALABOのサービス及び当事者を応援していただけるサポーターを集め、より多くの女性たちに情報を届ける周知活動を実施するための資金を募ります。

 下着及びインティメイトアパレル、化粧品の企画を手掛ける株式会社BRALABO(所在地:東京都港区南青山、代表取締役:西沢 桂子)は、乳がんで乳房を失った女性の新たな選択肢である、オーダーメイドのブラジャーとシリコン乳房(パッド)による「手術はしない乳房再建」を周知するためのプロジェクトをクラウドファンディング「ENjiNE」で2017年7月26日(水)より開始しました。

「手術はしない乳房再建の情報をすべての女性に届けたい。周知活動に応援・参加する☆プロジェクト」
https://www.en-jine.com/projects/bralabo


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MjkzMCMxODY4MjIjNTI5MzBfb1p4YkhISHVVVS5qcGc.jpg ]


【背景】

 本プロジェクトで周知活動を実施する「手術はしない乳房再建」は、ファッションと下着の専門家として活動してきたBRALABO代表西沢自身が2011年に乳がん手術を経験したことを契機に考案されました。現在日本における乳がんの罹患率は年々増え続けており、割合としては11人に1人、年間で約9万人の女性が乳がんに罹ると予測されています。(国立がん研究センター「がん情報サービス」がん統計・2016年のがん統計予測より)また現状乳がんの標準治療(エビデンスのある信頼性の高い治療)は手術が必須であり、早期発見だからこそ命を守るために乳房切除を経験することになります。しかし、その後どんな乳房再建手術をしても元に戻るわけではなく、かえって身体への傷や痛みのリスク、かたちへの不満、生活のしづらさを感じ心を痛めるケースも多数存在します。このような課題を解決すべく、BRALABOでは「身体的リスクはなく」「美しい左右対称で」「生活がしやすい」リカバリーをするために、オリジナルのブラジャーと、型取りや模型調整をしながら仕立てるシリコン乳房(パッド)を使った、「手術はしない乳房再建」の提供ををするに至りました。これまでは、限られた少数のお客様に対して試験的に提供してまいりましたが、ご利用いただいているお客様から不満の声やクレームが1件も無かったことや、すべてのお客様から高い満足の声をいただいていたことから、今後は本格的にサービスを普及・展開させていくことを目指し、本プロジェクトを開始する運びとなりました。

【本プロジェクトの概要】

 本プロジェクトでは、BRALABOオリジナルのブラジャーとシリコン乳房(パッド)を用いた、新しい乳房再建のサービス「手術はしない乳房再建」の本格的な普及・告知を展開するために、活動を応援していただける支援者を集め、より多くの乳がんで乳房を失った方に情報を届けるための資金を募ります。募集はクラウドファンディング「ENjiNE」上で実施され、募集期間は2017年7月26日(水)から10月25日(水)までとなります。クラウドファンディングでは、サービスの対象者である乳がんで乳房を失った方だけではなく、本プロジェクトの目的や意義に共感・賛同し、応援していただける全ての方を対象としており、集まった資金は、本格的な普及に必要な周知活動を実施するための資金として利用させていただきます。

<手術はしない乳房再建:3つの特長>

1:身体的なリスクが無い
本サービスでは、身体をに傷や痛みを伴うリスクを負うこと無く、BRALABO独自の神様の乳房とシリコン乳房(パッド)の異なる乳房が共存できるブラジャーと、パーソナルメイドのシリコン乳房(パッド)をセット着用することで、安心安全な乳房再建を叶えます。

2:美しい左右対称を実現
まずオリジナルのブラジャーで健側の乳房を整えて、そのかたちの反転したシリコン乳房(パッド)をつくりセットします。シリコン乳房(パッド)は、手術痕の型取りとドレス作製で言えば仮縫いに当たる模型の調整を徹底して行い、お客様一人ひとりのパーソナルなかたちを実現し、デコルテや脇の下の窪みもわからないように最適なデザインで調整します。これにより美しい左右対称の状態を実現します。

3:生活がしやすい
既存のリカバリー方法である医療による再建手術、エピテーゼ技術による人工乳房などは裸の状態の再建を目指して作っているため、日常生活に通常使うワイヤーブラジャーのカップの中には入らない、また既成の乳がん用のブラジャーとパッドは裸のかたちに近くいもの。ワイヤーブラジャーであるべき位置に乳房を整えるメイクができないことは生活がとてもしづらいのが実情。BRALABOでは、日常生活をスムーズにするために、裸のかたちではなく、ブラジャーカップの中の乳房のかたちの再建を採用しています。

 上記の特徴を持つ本サービスは、バンタンデザイン研究所のランジェリーデザイン科講師や、企業の通販商品の監修などを務めるBRALABO代表西沢のファッションと下着の専門家としての多数の経験・実積に加え、自身の乳がん手術の経験から得た現状の課題認識やお客様の悩みや要望を踏まえて生まれた業界初の取り組みとなります。医療と下着の現場にあった様々な常識を覆し生まれた新しい価値観は、これから乳房再建にパラダイムシフトを起こし、真に女性を幸せにすることを目指します。

【株式会社BRALABOについて】

東京営業所:〒107-0062 東京都港区南青山6-1-6パレス青山308
代表者:代表取締役 西沢 桂子
設立:2013年9月18日
Tel:090-4931-1472
Fax:03-6419-7569
URL:https://bralabo.com/
事業内容:下着及びインティメイトアパレル、化粧品の企画



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ