チャリティニュース
2020年08月04日(火)

チャリティニュース

チャリティ 新着30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 特定非営利活動法人イマジン

その人自身の人生を得ること〜 薬物からの解放、そして人生を向上し自尊心を取り戻すプログラム
2020年7月7日 特定非営利活動法人イマジン
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク ニフティクリップ newsing Googleブックマーク  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

その人自身の人生を得ること〜 薬物からの解放、そして人生を向上し自尊心を取り戻すプログラム

 社会の動きが今までと変化し、ストレスを抱えたり、気持ちが不安になったり、あるいは身体的な苦痛を感じたりする人もいます。

 憂鬱になった時、悲しみや不快感に襲われた時、人はその不調に対して解決策を探します。

 そのような時に自身の人生に直面せず、「薬物」に安らぎを求め、依存し、薬物中毒にも至ってしまう人がいます。

 薬物中毒者たちの多くが、薬物を取り始めたのは身体的な苦痛や絶望があったからだと話しています。

 薬物を摂ると一時は負担が軽くなったと感じるかもしれません。しかし、薬物は本来の人格から、人に敵意や嫌悪を抱く人格に変えてしまいます。

 ですから、薬物乱用防止教育や薬物のデトックスプログラム、そして、抱えていた根本的な問題に対して直面できる技術が必要となってきます。

 上記のことを学んで、薬物離脱の実践をしているのが、薬物リハビリテーション施設である「ナルコノン・センター」です。

 ナルコノン・ウェブサイトはこちら:
 https://www.narconon.jp/

 ナルコノンで行われている、薬物を使わない実証済みのリハビリテーションへのアプローチは、米国の人道主義者であるL.ロン ハバード氏によって開発されました。

 ナルコノンのプログラムでは、薬物リハビリを行っている人を生徒と呼び、トレーニングされたスタッフにケアされながら、自尊心を取り戻し、二度と薬物に手を出さないようにその人の人生を向上させる術を学びます。

 プログラムの修了者たちは、「私は人生とうまく付き合えるようになっただけでなく、自分自身とうまく付き合えるようになったのです」と表現しています。

 L.ロン ハバード氏が述べているように「人に、その人が生きる道を提示すること」が問題への解決になっていることがわかります。

 このナルコノンセンターは、日本でもオープンに向けて着々と準備が行われています。

 ナルコノンについて詳しくお知りになりたい方は、以下の方法でお問い合わせください。

 ナルコノンについてのお問合せ:
 https://narconon-japan.jimdosite.com/

 ナルコノンの問い合わせ専用LINE:
 お電話・080-6703-7986

 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、ナルコノンの活動を応援をしています。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ
記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ